麻布台ヒルズマンション価格や間取り!レジデンス最上階200億!?

※本ページはプロモーションが含まれています

2023年11月24日に開業した麻布台ヒルズは、住宅、ホテル、オフィスが集結する大規模プロジェクトです。特に注目を集めるのはその豪華な住戸。

今回は、日本一の高級マンションとして名高い麻布台ヒルズマンション レジデンスの魅力に迫ります。その価格から間取り、販売いつから?最上階は200億!?など、ここにしかない特別な住まいを詳しく解説します。

麻布台ヒルズマンションとは?

麻布台ヒルズは、東京中央部に位置する大規模な開発プロジェクトで、約8.1ヘクタールの広大な敷地に1,400戸以上の住宅が配され、ホテルやオフィスと統合されています。この地区の主要な特徴は、約330メートルの高さを誇るメインタワーと、周囲の自然と調和した緑溢れるデザインです。

この開発は、その規模と施設の多様性において、六本木ヒルズに匹敵します。麻布台ヒルズの最大の魅力は、都市の中心にありながら自然豊かな生活環境を提供することです。

このプロジェクトは、オフィススペースや年間訪問者数など、その広範囲に及ぶ規模が特徴です。年間約3,000万人が訪れると見込まれており、この地域の魅力を高めることが期待されています。

2023年11月24日に開業する麻布台ヒルズは、”Modern Urban Village”というコンセプトを採用しており、緑と健康を重視したデザインが目立ちます。

麻布台ヒルズの住居は、都市生活の快適さを最大限に享受することを意味します。低層のガーデンプラザレジデンスは、英国ヘザウィック・スタジオによる独特なランドスケープの中に位置し、緑豊かな環境を提供します。

麻布台ヒルズマンションの特徴と間取り

麻布台ヒルズ内で提供される住戸は約1,400戸で、その間取りは様々です。住居用のマンションとしては、以下の4種類(3棟の高層タワーと1棟の低層タワー)があります。

麻布台ヒルズレジデンスA

麻布台ヒルズレジデンスAは、14階から53階まで計320戸の住居があるマンションです。都心にありながら自然に溶け込んだ空間を提供し、都市生活の新たなスタンダードを築いている超高級マンションとなっています。

約8.1haの広大な敷地には、緑豊かな空間が広がり、商業施設や文化施設、教育機関など、都市機能が集約されたコンパクトシティを形成しています。

住居においては、2層吹き抜けのリビングや、プール付きの住戸など、ゆとりと解放感のある住空間が特徴的です。また、使用する素材にもこだわり、心地よいニュートラルな色調になるように石や木などが厳選されています。

また、フロントサービスやドアマン、ポーター、バレーサービスなど24時間対応のサービスが提供され、居住者専用のウェルネス施設やジム、プールなども設置されています。これらのサービスは、まさに高級リゾートに暮らしているかのような体験を提供します。

建築に関しても、ペリ・クラーク&パートナーズやSCDAアーキテクツのような世界的に著名なデザイナーが関わり、デザインの隅々までこだわりが詰まっています。

例えば、ヘザウィック・スタジオが手掛けた低層部の建築ディテールは、左官職人が手作業で仕上げた壁や、幾何学立体パズルのような複雑さを持つツリー天井など、細部にまでこだわりが見られます。

地震や強風に備えた耐震・制震構造も特筆すべき点で、アクティブマスダンパーや粘性体制震壁、オイルダンパーなどが装備されており、安全面においても高い水準を維持しています。

麻布台ヒルズレジデンスAは、快適さ、安全性、デザイン性など、あらゆる面で高い水準を誇る施設であり、その豪華さと機能性は、都市生活における新たなスタンダードを提示していると言えるでしょう。

なお、1階~13階にはホテルサービスの「ジャヌ東京」が入っています。

麻布台ヒルズレジデンスB

麻布台ヒルズレジデンスBは6階から64階に970戸を備え、13階から18階には完全に家具が備え付けられたサービスアパートメントがあります。まさに東京都港区の新たなシンボルとも言える存在です。

想像を絶する64階建て、地下5階の超高層タワーマンションで、その全高はなんと262.82メートルにも及びます。住戸数は約970戸という驚異的な規模で、その中には約170戸のサービスアパートメントが含まれています。

麻布台ヒルズレジデンスBのマンションは、ただの住居施設にとどまらず、低層階には様々な商業施設やオフィスが配置され、まさに一つの小さな街と言えるほどの機能を有しています。設計は森ビルが手がけ、施工には三井住友建設が携わっていることからも、その品質の高さが伺えます。

しかし、この麻布台ヒルズレジデンスBの魅力は、その豪華さや規模の大きさだけに留まりません。立地も非常に優れており、東京メトロ南北線「六本木一丁目」から徒歩3分、日比谷線「神谷町駅」から徒歩5分というアクセスの良さが自慢です。

都心にありながらも、周辺は緑に溢れ、約24,000㎡もの緑化面積が確保されているので、都会の喧騒を忘れさせてくれるような癒しの空間が広がっています。

麻布台ヒルズレジデンスBは、ただの高級マンションという枠を超え、住む人のライフスタイルを豊かに彩る多様な魅力を備えています。

もちろん、そのような特別な場所に住めることは、一種のステータスとも言えるでしょう。これから竣工される2024年6月末を楽しみに、私たちの目が離せないプロジェクトです。

ガーデンプラザレジデンス

ガーデンプラザレジデンスは6階から8階に31戸の低層住宅があります。ガーデンプラザレジデンスは、麻布台ヒルズの心地よい緑に囲まれた、モダンで都会的な住環境を提供します。

このレジデンスは、都市生活の利便性と自然の美しさを融合させた、ユニークなコンセプトの「Modern Urban Village」を体現しています。

住居は6階から8階に位置し、英国の有名なヘザウィック・スタジオによってデザインされた特徴的なランドスケープの中にあります。これは麻布台ヒルズで唯一の低層住宅として、都会の中心にいながら自然に最も近い生活を実現しています。

内装に関しては、1ベッドルームから3ベッドルームまでのさまざまな間取りが用意されており、プレーンでコンパクトな空間をモダンまたはクラシカルにアレンジできる柔軟性があります。

また、共有スペースのデザインにはイタリアの著名な建築家マルコ・コスタンツィが携わっており、洗練されたデザインが特徴です。

設備面では、制振構造により地震の揺れを低減し、住居の安全性を高めています。非常用発電機と大容量の受水槽を備えており、公共サービスが途絶えた場合でも最大3日間は生活を支えることができます。

セキュリティ面では、24時間365日の警備体制に加え、各住戸に非常呼出ボタンが設置されているので、いざという時の安全も確保されています。

アマンレジデンス東京

アマンレジデンス東京は、都心の空に浮かぶような独特の存在感を放っています。この豪華なレジデンスは、54階から64階にかけての高層階に位置し、そのラグジュアリーさは、まさに別格です。

ここでは、東京のパノラマを一望できる25メートルのプライベートプールや、1,400平米に及ぶアマン・スパなど、最上級の施設が居住者専用に用意されています。また、各住戸はヤブ・プッシェルバーグによるインテリアデザインで、上質な生活空間を提供します。

アマンレジデンス東京の販売価格については、最高価格が200億円から300億円とも言われており、日本国内だけでなく、世界的にも非常に高額なマンションの一つとして位置づけられています。

販売情報は非公開で、その価格帯に幅があることから、特別な物件であることがうかがえます。

アマンレジデンス東京には、居住者専用の施設が多数用意されており、そこでは東京の街を一望しながら、上質な時間を過ごすことができます。

例えば、Sky Room Cafe & Barでは、東京タワーを一望できる絶景を楽しむことができ、日中はこだわりのコーヒーや軽食、夜は厳選されたオリジナルカクテルなどを楽しむことができます。

また、森ビルとアマンとのパートナーシップによって誕生したこのプロジェクトは、世界トップレベルの住環境を提供し、新しいウェルネスの形を東京に提供しています。

アマンレジデンス東京は、居住者にアマンならではのライフスタイルと心安らぐ住まいを提供し、日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」と共に、この地区の新しい顔となっています。

麻布台ヒルズマンションの販売価格は?

麻布台ヒルズレジデンスの中でも特に注目されているのが、「アマンレジデンス東京」です。この部分の価格帯は200億円から300億円にも及び、これまでの日本のマンション価格の記録を大幅に更新する可能性があります

麻布台ヒルズ内のアマンレジデンス東京にあるペントハウスは、1,500平方メートルで200億円以上という驚くべき価格で売り出されています。

この単位面積あたりの価格は日本で最も高いとされ、購入可能な層は極めて限定されています。他の住戸も複数億円の価格帯が見込まれ、この高級セグメントは東京の不動産市場において注目されています。

高級住宅市場で一般的となりつつある非公開販売方式が採用されており、物件の品質、立地、そして提供されるサービスが高価格を正当化しています。

このような高価格帯の物件は、独自性と希少価値を兼ね備えており、一部の富裕層にとっては価値ある投資機会と見なされています。

なお、ペントハウス以外の分譲マンションの販売価格は約20億円と言われています。アマンレジデンス東京にあるペントハウスよりは安いですが、それでも桁違いの販売価格です。

私自身、これほど高価な物件が実際にその価格に見合う価値を持っているかどうかに関心があります。品質とサービスが価格に相応しいものであれば、その高額な投資も理解できるかもしれません。

麻布台ヒルズ マンションの販売はいつから?

麻布台ヒルズ マンションの中でも、アマンレジデンス東京は注目を集めています。このマンションの最も特徴的な部分は、最上階に位置する3つのペントハウスです。

このうち2つの住戸は200億円を超える価格で販売され、その購入者層が話題になっています。これらの高額物件はすでに売却され、購入者は日本国内の富裕層とされています。

これらの物件の販売は限られたVIPに向けて非公開で行われ、通常の販売手法とは異なります。高価格帯の物件の販売において、このような非公開方式が一般的になってきています。

なお、麻布台ヒルズレジデンスAの販売については2024年の春頃に募集開始される予定です。このレジデンスは、贅沢な設備やサービスが提供されることが期待されており、居住者にとっては都市の豊かさを存分に享受できる暮らしが実現することでしょう。

まとめ

麻布台ヒルズマンションは、圧倒的なスケールとラグジュアリーな生活を提供する東京のランドマークです。

この記事を通じて、その独特な魅力について掘り下げました。麻布台ヒルズでの生活は、まさに特別なものとなるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。