麻布台ヒルズの場所はどこ?アクセス最寄り駅は?跡地昔は何があった?

※本ページはプロモーションが含まれています

麻布台ヒルズの場所はどこにあるのか?最寄り駅や、公共交通機関や車からのアクセス方法を分かりやすく解説しています。

また、麻布台ヒルズの跡地には昔何があったのか?観光の楽しみが広がる豆知識も紹介していますので、参考にしてください。

麻布台ヒルズの場所はどこ?最寄り駅は?

名前 麻布台ヒルズ
読み方 あざぶだいヒルズ
最寄り駅 東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」2番出口から徒歩4分
東京メトロ日比谷線「神谷町駅」5番出口から直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」3番出口から徒歩10分
都営大江戸線「六本木駅」5番出口から徒歩10分
都営大江戸線「麻布十番駅」6番出口から徒歩10分
東京メトロ南北線「麻布十番駅」3番出口から徒歩11分
都営三田線「御成門駅」A6出口から徒歩11分
住所地図

麻布台ヒルズは、東京都港区麻布台に位置しており、その最寄り駅としては、複数の駅が利用可能です。特にアクセスしやすいのは、東京メトロ日比谷線の「神谷町駅」と東京メトロ南北線の「六本木一丁目駅」です。

神谷町駅は、5番出口から麻布台ヒルズへ直結しており、非常に便利です。さらに、六本木一丁目駅からも徒歩わずか4分という近さで、アクセスが良好です。

神谷町駅からのアクセスは、日比谷線の利便性を生かし、東京の主要な場所からもスムーズに移動できます。例えば、東京駅からは東京メトロ丸ノ内線で銀座駅まで移動し、そこから日比谷線に乗り換えて神谷町駅まで約12分という手頃な時間で到着可能です。

新宿駅からでも、同様に丸ノ内線で霞ヶ関駅まで行き、日比谷線に乗り換えることで、約24分で神谷町駅に到着します。

一方、六本木一丁目駅からは、東京メトロ南北線を利用することで、東京の北部や南部からもアクセスが可能です。この駅は、ビジネス街の中心に位置しており、オフィスへのアクセスにも最適です。実際、多くのビジネスマンがこの駅を利用しています。

麻布台ヒルズ周辺は、六本木の東、東京タワーの西、麻布十番の北に位置するという、非常に魅力的なロケーションです。この地域は、東京の中心部にありながら、緑豊かで落ち着いた環境が保たれており、住むにも訪れるにも魅力的なエリアです。

麻布台ヒルズは、このような環境の中にあるため、ビジネスやショッピング、レジャーを楽しむにも最適なスポットとなっています。

麻布台ヒルズへのアクセス詳細

「麻布台ヒルズ」神谷町駅からのアクセス方法

麻布台ヒルズへのアクセスについて、神谷町駅からは非常に便利なルートがあります。東京メトロ日比谷線の神谷町駅を利用すると、5番出口から直接麻布台ヒルズにアクセスできます。

このルートを利用すれば、約1分30秒から2分ほどで到着することが可能です。麻布台ヒルズに到着すると、ガーデンプラザA地下1Fにある駅前広場が最初の目的地になります

週末や祝日には混雑が予想されるため、余裕を持って出発することがおすすめです。また、麻布台ヒルズ内は広く、多くの施設があるため、訪れる前に目的地を確認しておくとスムーズに移動できます。

「麻布台ヒルズ」六本木駅からのアクセス方法

六本木駅から麻布台ヒルズへのアクセスは、都営大江戸線を利用する方法が一般的です。六本木駅から麻布台ヒルズへは、直接的な地下通路はないため、外苑東通りを通って徒歩でのアクセスがメインとなります。

歩くこと約10分で、道順は比較的シンプルです。六本木駅から外苑東通りをまっすぐ進むだけで、迷うことは少ないでしょう。

「麻布台ヒルズ」六本木一丁目駅からのアクセス方法

麻布台ヒルズへのアクセスについて、六本木一丁目駅からは、約10分ほどで麻布台ヒルズに到達することができます。具体的なルートは、東京メトロ南北線を利用し、六本木一丁目駅の2番出口から出発します。

駅を出てから、歩道を進んで横断歩道を渡り、さらに道なりに進むと麻布台ヒルズの中央広場に到着します。具体的な乗車位置や出口からの道のりが細かく記載されており、迷わずに目的地に到着することができるでしょう。

車でのアクセス方法

麻布台ヒルズへは車でもアクセス可能です。駐車場は24時間利用でき、料金は15分ごとに200円です。また、麻布台ヒルズ内のショップやレストランで一定額以上の買い物をすると、駐車料金が割引されるサービスもあります。

3,000円以上の利用で1時間無料、6,000円以上で2時間無料、20,000円以上で4時間無料になります。さらに、ヒルズカードMastercardを持っている場合は、駐車場料金が毎回1時間無料になります。

麻布台ヒルズの跡地は昔何があった

かつて麻布台ヒルズが現在鎮座する場所には、アールデコスタイルを鮮明に示す麻布郵便局が存在していました。その建築は1929年に竣工し、複数の政府機関の所在地として長年利用されていたのです。

東京大空襲で損傷を受けた後、麻布郵便局はこの建築内に一時的に移転し、後に正式な場所となりました。この建築は、その後1969年まで郵政省本庁舎としてその役割を果たし続けました。

麻布郵便局の建物は、その時代の最先端のデザインが反映されており、洗練された装飾が特徴的でした。1980年代には、その外観と装飾が丹念に修復され、2003年には耐震改修工事が完了しました。これにより、この歴史的な建造物は、長い間大切に保存されていたのです。

しかし、この重要な歴史的建造物は、麻布台ヒルズの建設に伴い取り壊される運命にありました。

その跡地には、新たな時代を象徴する複合施設「麻布台ヒルズ」が誕生しました。このプロジェクトは、過去の価値を敬いつつ、未来のビジョンを形成することを目的としています。

麻布台ヒルズの誕生は、過去と現在をつなぐ都市開発の新しい模範を提供し、東京の都市景観に新たな魅力をもたらしました。

また、この地域の歴史的背景と文化的価値を反映し、新旧が調和する魅力的な地域としての地位を確立しています。

まとめ

麻布台ヒルズへのアクセスは、神谷町駅や六本木一丁目駅を利用することで、非常に便利で快適に行うことができます。

東京の中心部にありながら、静かで落ち着いた環境を享受できる麻布台ヒルズは、多くの人々にとって魅力的な場所であると言えるでしょう。

麻布台ヒルズは、その便利なアクセス、豊かな歴史、そして現在及び未来の展望において、東京都港区の新しいシンボルとなっています。

この地を訪れる人々には、その魅力を十分に感じていただきたいものです。都市の新しい息吹を感じることができる、まさに特別な場所です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。