チームラボボーダレス麻布台ヒルズ所要時間!豊洲とどっち違いは?

※本ページはプロモーションが含まれています

2024年2月9日より新規オープンするチームラボボーダレス麻布台ヒルズ(虎ノ門)の観光所要時間はどれくらいになるのかの目安をまとめています。

また、チームラボ豊洲(プラネッツ)との違いを分かりやすく解説!どっちに行くか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

チームラボボーダレス麻布台ヒルズの所要時間はどれくらい?

チームラボボーダレス麻布台ヒルズの概要

東京・麻布台ヒルズ(虎ノ門)に位置するチームラボボーダレスは、多様なデジタルアート作品で知られる施設です。この場所では、アートとテクノロジーが融合し、訪れる人々に独特の体験を提供します。

しかし、多くの来場者が気にするのは、この美術館を満喫するのにどれくらい時間が必要なのかという点です。

チームラボボーダレス麻布台ヒルズの所要時間

チームラボボーダレス麻布台ヒルズ(虎ノ門)の訪問にかかる時間については、約3時間から4時間が目安とされています。

この施設では、アートとテクノロジーが融合したインタラクティブな展示が数多く設置されており、来館者一人ひとりの動きや行動に応じて作品が変化します。そのため、展示をじっくりと鑑賞し、自分のペースで楽しむことが重要です。

施設内は非常に広く、多様な展示が用意されているため、全ての作品を見て回るにはある程度の時間が必要となります。また、特定の作品に惹かれて長時間楽しむ来館者も多く、それが所要時間に影響を与える要因の一つとなっています。

週末や祝日は特に混雑が予想されるため、待ち時間を短縮するためには、開館直後や夕方以降の時間帯に訪れることが推奨されています。また、前もってチケットを購入しておくことで、スムーズに入館できるという利点もあります。

チームラボボーダレス麻布台ヒルズ(虎ノ門)を訪れる際は、時間に余裕を持って、このユニークなアート体験を存分に楽しむことをおすすめします。自分だけのペースで展示を巡り、アートとの新たな出会いを楽しんでください。

チームラボ麻布台ヒルズと豊洲の違いは?

虎ノ門にあるチームラボ麻布台ヒルズ(ボーダレス)と豊洲(プラネッツ)は、どちらも魅力的なアート空間ですが、体験内容や雰囲気は異なります。今回は、それぞれの特徴を比較し、訪問時の注意点や周辺の楽しみ方も合わせてご紹介します。

コンセプトと体験の違い

チームラボ麻布台(ボーダレス)は、その名の通り「境界のない」アート体験を提供します。訪問者は自由に空間を行き来し、さまざまな作品との境界を超えながらアートを体験できます。

一方、チームラボ豊洲(プラネッツ)は「体を使ってアートに没入する」体験をメインに据えています。作品と訪問者が一体化し、五感を通じてアートを感じることができる空間です。

価格と混雑状況

入場料金・値段については、麻布台ヒルズ(虎ノ門)が大人3,800円〜4,800円(価格変動制)、豊洲は大人3,200円です。麻布台ヒルズは新しいスポットであるため、料金が高めに設定されています。

混雑状況については、麻布台ヒルズは特に新規オープン時は混雑が予想されますが、豊洲は時間帯によっては比較的余裕があります。どちらも事前にオンラインでのチケット購入・予約が推奨されています。

服装とアクセス

服装については、麻布台(虎ノ門)ではヒールやサンダルが禁止されるエリアがあるため、動きやすい靴が推奨されます。豊洲では館内を裸足で移動するため、水に濡れることを想定した服装が必要です。

アクセスについては、麻布台は六本木一丁目駅から徒歩4分、豊洲は新豊洲駅から徒歩1分と、どちらも駅近でアクセスしやすいです。

周辺環境と楽しみ方

チームラボ麻布台は、麻布台麻布台ヒルズ内に位置しており、レストランやショップが豊富で、アートを楽しんだ後にショッピングや食事を楽しむことができます。

チームラボ豊洲は「チームラボプラネッツ」の敷地内にヴィーガンラーメンの店があったり、豊洲市場や2月にオープンするオープンモール「千客万来」で食事や温泉を楽しむことができます。

チームラボ麻布台(虎ノ門)と豊洲は、それぞれ異なる魅力があります。自自分の興味やスケジュールに合わせて選択し、独自のアート体験を楽しむことができます。

予約状況や料金、混雑具合を事前に確認し、服装や持ち物も適切に準備することで、より快適にチームラボの世界を堪能することができるでしょう。また、各施設の周辺環境も魅力的なので、アート体験と合わせて楽しむのも良いでしょう。

チームラボ麻布台と豊洲どっちに行く?

チームラボ麻布台(虎ノ門)と豊洲、どちらに行くか迷うのも無理はありません。それぞれの魅力や特色が異なり、どちらもユニークな体験を提供しています。

まず、チームラボ麻布台については、展示を自由に行き来できるので、気になる作品の前でじっくりと時間を過ごせる点が魅力です。麻布台ヒルズ内に位置しているため、レストランやショップが充実しており、アート鑑賞の後に買い物や食事を楽しむことができます。

一方、チームラボ豊洲は一方通行のルートで展示が配置されており、新豊洲駅から徒歩1分とアクセスが非常に良いですが、周辺に商業施設は少ないです。

チームラボ豊洲は、特に小学生以上の子ども連れにおすすめされており、全身を使ってアートを楽しめる点が特徴です。ただし、館内で裸足になることがあるため、それを念頭に置いて服装を選ぶ必要があります。

両方の施設は再入場が不可で、事前にチケットを購入するシステムになっています。麻布台(虎ノ門)は価格変動制で大人1人あたり3,800円から4,800円、豊洲は大人3,200円です。また、麻布台は特に新オープンということもあり、春までの期間は事前予約が殺到しているようです。

チームラボ麻布台(虎ノ門)は、特に幼稚園以下の小さな子ども連れや、自由に空間を楽しみたい方、裸足になりたくない方におすすめです。一方、チームラボ豊洲は、小学生以上の子ども連れや、全身の感覚を使ってアートを楽しむことを好む方に適しています。

どちらを選ぶかは、個々の好みや求める体験によって異なるでしょう。アートの鑑賞だけでなく、その日の過ごし方や動きやすい服装を選ぶことも大切です。

どちらも一度は訪れる価値があるスポットですので、時間を見つけて両方訪れてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

チームラボボーダレス麻布台ヒルズ(虎ノ門)の所要時間と、チームラボ豊洲との違いや、どっちに行くべきかの参考情報をまとめてみました。

結論としては、チームラボボーダーレス(麻布台)とチームラボプラネッツ(豊洲)は、コンセプトが異なるため、余裕があるなら、2つとも訪れてみるのがおすすめです。

どちらかで迷ったなら、新規オープンで話題となっている麻布台ヒルズを観光しながら、チームラボボーダーレスを訪れてみるのも良いでしょう。ぜひ、特別な体験をしてきてくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。