ジブリパークのご飯メニューおすすめ!ランチできるカフェ2024最新

※本ページはプロモーションが含まれています

ジブリパークのご飯(通称:ジブリ飯)のおすすめメニューを紹介しています。チケットが必要な有料エリアにあるジブリの大倉庫や、チケットなしでも楽しめる無料エリアそれぞれで、食を楽しむことができるお店を紹介しています。

2024年最新のランチできるカフェを詳しく解説している完全ガイドとなりますので、ジブリパークへの訪問を考えている人はお役立てください。

【ジブリパーク】ジブリの大倉庫「カフェ大陸横断飛行」のご飯メニューおすすめ

ジブリの魅力が詰まった「ジブリパーク」には、訪れる人々を楽しませる多彩な施設があります。その中でも、ジブリの大倉庫エリアにある、食の楽しみを提供する「カフェ大陸横断飛行」は、ジブリファン必見のスポットです。

ここでは、映画の世界から飛び出したかのような料理を楽しむことができます。今回は、そんなカフェのおすすめご飯メニューを、私の経験を交えつつご紹介します。

カフェのコンセプトと内装

ジブリの大倉庫にある「カフェ大陸横断飛行」は、ジブリ作品の世界観を感じさせるユニークな内装が魅力です。まるで空の旅をしているかのような非日常感を提供してくれます。

店内は、長距離飛行をテーマにした装飾が施され、長テーブル席やソファ席が配置されており、ゆったりとした空間で食事を楽しむことができます。特に外のテラス席は、晴れた日には自然を感じながらの食事が楽しめ、非常におすすめです。

おすすめメニュー1:サンドイッチ

私が特におすすめするのは、カフェ自慢のサンドイッチです。多彩なバリエーションから選べる9種類のサンドイッチは、どれもボリューム満点で、味わい深いです。

中でも、BLTサンドはベーコンの旨味、トマトの酸味、レタスのシャキシャキ感が絶妙にマッチしており、一度食べたら忘れられない美味しさです。また、「タンドリーチキンのサンド」は、スパイスが効いていて、ちょっとした冒険心をくすぐられます。

また、期間限定のキーマカレーサンドも、スパイスの効いたカレーとサフランライスの組み合わせが新鮮で、クセになる味わいでした。

おすすめメニュー2:ピザ

次におすすめしたいのが、カフェのピザです。特に「しかくいピザ マルゲリータ」は、トマトソースの酸味とモッツァレラチーズのクリーミーさが絶妙に絡み合い、四角い形状がユニークな一品。

また、「しかくいピザ 味噌カツ」は、地元愛知県の味噌を使用したユニークなピザで、一度食べると病みつきになること間違いなしです。

ドリンクとスイーツも充実

食後のデザートやドリンクも充実しています。特にホットチョコレートは、濃厚ながらも上品な甘さが魅力で、カカオの豊かな香りが楽しめます。

他にもコーヒーやカフェラテ、エスプレッソといったスタンダードなものから、赤ワイン「紅の豚」やビール「モレッティ」などのアルコール類、さらにイタリアンソーダまで揃っています。価格は400円から980円で、選択肢が豊富です。

また、季節のフルーツサンドは、旬のフルーツと生クリームの組み合わせが絶品で、見た目も華やかでインスタ映えすること間違いなしです。

予約は不可、早めの訪問を

ジブリの大倉庫エリアにある「カフェ大陸横断飛行」は予約ができないため、特に土日祝日のランチタイムは混雑が予想されます。早めの訪問や時間をずらすことをおすすめします。

カフェでのひと時を楽しむ

「カフェ大陸横断飛行」では、食事を通してジブリの世界にさらに浸ることができます。私が訪れた際も、映画のワンシーンにいるような感覚に陥りました。

美味しい食事と共に、心に残る体験ができること間違いなしです。ジブリパーク訪問の際は、ランチタイムにぜひ足を運んでみてください。

【ジブリパーク】ジブリの大倉庫「ミルクスタンド シベリあん」のご飯メニューおすすめ

ジブリの大倉庫内にある「ミルクスタンド シベリあん」は、スタジオジブリの映画『風立ちぬ』にちなんだメニューが楽しめるキオスクスタイルのお店です。

ここでは、映画のワンシーンを思い出させるような味わい深いスイーツやドリンクが楽しめます。今回は、そんな「ミルクスタンド シベリあん」で味わえるおすすめのご飯メニューをご紹介します。

ジブリ映画に登場するお菓子「シベリア」

このお店の看板メニューは、『風立ちぬ』で主人公が食べていた「シベリア」というお菓子です。カステラで挟んだようかんの三角形のスイーツで、その独特の食感と味わいは、一度食べたら忘れられない美味しさです。

堀越二郎も愛したこのお菓子は、つぶあんとこしあんの2種類から選ぶことができ、どちらも甘さ控えめで上品な味わいが楽しめます。

私はこしあんを選びましたが、カステラのふわふわとした食感とあんこのしっとりとした甘さが絶妙にマッチしていて、思わず時を忘れるほどでした。

地元愛知の味を楽しむ「常滑牛乳」

「シベリア」をより楽しむためには、地元愛知県常滑市の常滑牛乳とのペアリングがおすすめです。この牛乳は、瓶入りで提供され、「猫かぶり姫」のオリジナルイラストが描かれており、その可愛らしさも一役買っています。

また、緑茶や果汁ジュースなどのバリエーションも豊富にあり、お菓子と合わせて自分好みの味わいを見つけることができます。

スタンドの隣にあるガラス窓からの景色が美しいベンチで、緑あふれる愛・地球博記念公園を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

ジブリの作品に登場するお菓子を実際に味わえるこのスタンドは、ファンなら一度は訪れたい場所です。シベリアと共に、ジブリの世界に少しでも近づけるような、そんな特別な体験がここにはあります。

【ジブリパーク】ロタンダ 風ヶ丘のご飯メニューおすすめ

愛・地球博記念公園の北口に位置する「ロタンダ風ヶ丘」は、ジブリパークのチケットがなくても訪れることができる無料エリアのカフェです。

ここでは、多彩なおにぎりや美味しい甘味を楽しむことができます。私が実際に足を運んで体験した、おすすめのメニューやカフェの魅力をお伝えします。

多彩なおにぎりメニュー

「ロタンダ風ヶ丘」では、10種類以上のバリエーション豊かなおにぎりを楽しむことができます。塩、しゃけから地元東海エリアを感じさせるあさりや海老天まで、さまざまな具材が用意されています。

特に目を引くのは、宮崎吾朗監督のお気に入りという「ナポリタン」おにぎり。スパゲッティとケチャップの意外な組み合わせが新感覚で、一度味わうと忘れられません。

定食で味わう和のバランス

おにぎりをさらに楽しむなら、「おにぎり定食」がおすすめです。選んだ2つのおにぎりに赤だしの味噌汁、お漬物、お茶がセットになっており、日本の伝統的な食事のバランスを味わうことができます。

私は「ナポリタン」と梅のおにぎりを選びましたが、豚汁の具がたっぷりで、ほうじ茶との組み合わせも絶妙でした。

持ち帰り可能なおにぎり弁当

カフェでは、竹の皮に包まれたおにぎり弁当も用意されており、公園内でのピクニックにも最適です。ジブリパーク内では飲食が制限されていますが、この弁当を持って公園の美しい景色の中で食事をすることができます。

私も弁当を購入し、自然に囲まれながらの食事は一段と美味しく感じられました。

目でも楽しめる「金魚鉢あんみつ」

デザートには「金魚鉢あんみつ」を試してみてください。寒天や赤えんどう豆、求肥、アイスクリームが入ったこのメニューは、見た目の楽しさと味の豊かさが魅力です。

黒蜜をかけると、さらに風味が増し、写真に撮りたくなるほどの美しさです。私が実際に味わったときも、その味とビジュアルのインパクトに感動しました。

ロタンダ風ヶ丘では、これらのメニュー以外にも季節の果物パフェや抹茶パフェ、さまざまなドリンクも楽しむことができます。

ジブリパークを訪れた際には、ぜひチケットがなくても楽しめるこのカフェで、心地よい休憩時間を過ごしてみてください。私自身も、再び訪れたいと思わせる素敵な場所でした。

【ジブリパーク】その他の無料エリアのご飯メニューおすすめ

ジブリパークの無料エリアには、ロタンダ 風ヶ丘以外にもさまざまなグルメスポットが点在しています。ここでは、そんな無料エリアで味わえるおすすめの食事処をいくつか紹介します。私が訪れた際の印象とともに、おすすめの食事スポットを紹介します。

きしめんの店「石波志」で味わう名古屋の味

「きしめんの店 石波志」は、アイススケート場の裏に位置し、名古屋名物のきしめんを堪能できます。

特に野菜かき揚げきしめんは、サクサクのかき揚げがトッピングされ、ボリューム満点で人気です。シンプルながらも深い味わいのきしめんは、スケートを楽しんだ後にもぴったりの一品です。

「森のカフェテリア」の開放的な空間でのんびりランチタイム

地球市民交流センター内にある「森のカフェテリア」は、開放的なテラス席が魅力の一つです。高架下にある広々としたテラス席では、自然を感じながらの食事が楽しめます。

私が訪れた際はガパオライスを注文しましたが、スパイシーで本格的な味わいに満足しました。ここでは、カレーライスやホットドッグなど、さまざまなメニューが楽しめます。

「寿がきやラーメン モリコロパーク店」で楽しむ地元の味

「寿がきやラーメン モリコロパーク店」は、名古屋のソウルフードとも言えるラーメンを提供しています。リーズナブルな価格で提供されるラーメンは、地元民にも観光客にも愛されています。

私が味わったラーメンは、シンプルながらも深い味わいがあり、心温まる一杯でした。リーズナブルな価格で本格的な味を楽しめるので、ファミリーや友人同士での訪問にもおすすめです。

「冬青(そよご)珈琲店」のこだわりコーヒー

地球市民交流センター内にある「冬青(そよご)珈琲店」では、世界各国から集められたコーヒー豆を使用したコーヒーを楽しむことができます。

私が訪れた時は、オリジナルスパイスカレーと共に、ゆったりとしたランチタイムを過ごしました。おにぎりランチも人気で、持ち帰りも可能です。

「カフェダイニング 旬彩」のバラエティ豊かなメニュー

「カフェダイニング旬彩」は、愛知県児童総合センター内にある、家族連れに優しいレストランです。みそかつ定食やチキン南蛮定食など、地元の食材を活かしたメニューが楽しめます。

また、子どもたちに人気のイモリの黒焼き風ドーナツも、見た目のインパクトと味の良さで、訪れた人々を楽しませています。

ジブリパークの無料エリアでは、これらの食事処以外にも多くのグルメスポットがあります。ジブリの世界を感じながら、様々な味わいを楽しむことができるので、訪れた際にはぜひ足を運んでみてください。

まとめ

ここまでジブリパークのランチタイムで活用できるカフェを中心におすすめのご飯メニューを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ジブリの世界観を感じながら、こだわりの食事を楽しめる「カフェ大陸横断飛行」。ジブリファンはもちろん、美味しい食事を楽しみたい方に、心からおすすめします。

また、ジブリの世界観を存分に味わえる「ミルクスタンド シベリあん」では、映画に登場するお菓子や地元の美味しさを感じられるメニューが揃っています。

ガラス窓から見える緑豊かな景色を眺めながら、ほっと一息つけるスポットとしてもおすすめです。ジブリファンはもちろん、スイーツ好きにもぜひ訪れてほしい場所です。

ジプリパークの無料エリアでは、「ロタンダ風ヶ丘」で、地元の食材を活かしたメニューや、ジブリ作品にちなんだユニークな料理を楽しんでみてください。美味しい食事とともに、ジブリの世界観を感じることができる、そんな素敵な時間を過ごせることでしょう。

ジブリパークの無料エリアは、チケットを持たない訪問者でも、多彩なグルメを楽しむことができる素晴らしいスポットです。家族連れや友人同士、一人での散策時にも、ここでの食事はジブリパーク訪問の思い出になることでしょう。

▼ジブリパークチケット予約なら、JTBがおすすめ!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。