豊洲千客万来の店舗料金や営業時間いつ?場所や行き方アクセスは?

※本ページはプロモーションが含まれています

東京ウォーターフロントの新名所、豊洲千客万来の店舗は何があるのか?今日は、この魅力あふれるスポットについて、営業時間はいつ何時からなのか?場所や行き方アクセス、料金などを詳しく紹介します。

豊洲千客万来は、多種多様な店舗、便利なアクセス、そしてユニークな体験が可能な場所です。豊洲千客万来の全てを紹介します。

この記事を読んで分かること

  • 豊洲千客万来の開業日とその施設概要
  • 豊洲千客万来の営業時間と、万葉倶楽部の料金
  • 豊洲千客万来の場所と行き方アクセス

豊洲千客万来とは?いつオープンした?

豊洲千客万来は、2024年2月1日に東京のウォーターフロント、豊洲市場の場外にオープンした新しい商業施設です。この施設は、伝統と現代が融合した独特の魅力を持っており、訪れる人々に新たな体験を提供しています。

食楽棟「豊洲場外 江戸前市場」

施設は主に二つの棟から構成されています。一つ目は食楽棟「豊洲場外 江戸前市場」で、これは3階建ての建物で、江戸の街並みを再現したデザインになっています。

ここでは、1階には手軽にグルメを楽しめる店舗が多く、2階には「目利き横丁」と「豊洲目抜き大通り」があり、150年近い歴史を誇る豊洲市場の老舗水産仲卸の店や、江東区名物の「深川めし」をイメージした食品店などがあります。

3階には、さまざまなスタイルの寿司屋や、老舗青果店、ラーメン屋などが入居しています。

温浴棟「東京豊洲 万葉俱楽部」

もう一つの棟は温浴棟「東京豊洲 万葉俱楽部」で、箱根・湯河原温泉の湯を使用した露天風呂やサウナ、岩盤浴、エステ、マッサージなどの施設があります。

屋上には、東京湾を望む露天風呂や、ウォーターフロントの景色を360度パノラマで一望できる展望足湯庭園が設置されています。入場料は無料となっているため、誰でも疲れた時は足湯でゆっくりと過ごすことができるのが魅力です。

多数の店舗が出店

豊洲千客万来には、海鮮バイキングや和カフェ、焼き芋専門店、タイ式マッサージ、リラクゼーション施設など、約100店舗が出店しており、それぞれの店舗が豊洲市場の新鮮な食材を生かしたメニューを提供しています。

豊洲千客万来は、食と文化の融合をテーマにした新しい東京の顔として、訪れる人々に楽しい体験を提供しています。江戸時代の市場の活気を再現した商業エリアと、都市型の温泉施設が融合したこの場所は、まさに東京の新たなランドマークと言えるでしょう。

「豊洲千客万来」万葉倶楽部の料金情報

入館料
10:00~3:00
深夜
3:00~9:00
朝風呂
6:00~9:00
大人 3,850円 +3,000円 2,200円
子供 2,000円 +1,500円 1,100円
幼児 1,400円 +1,500円 900円
3歳未満 無料 無料 無料

豊洲千客万来内の東京豊洲 万葉倶楽部では、日帰り入浴が可能です。大人(中学生以上)の入館料は通常時間帯で3,850円、深夜(3:00〜)は3,000円、朝風呂(6:00〜9:00)は2,200円です。

子供(小学生)の入館料は通常時間帯で2,000円、深夜は1,500円、朝風呂は1,100円、幼児(3歳〜未就学児)は通常時間帯で1,400円、深夜は1,500円、朝風呂は900円です。3歳未満の子供は無料です。時間帯による料金の変動は、利用者にとって柔軟な選択肢を提供します。

滞在時間の長さを考えると、一番コスパが良いのは、10:00~深夜3:00まで滞在できるマル得セット入館料です。マル得セット入館料は、入浴料のほか、浴衣・バスタオル・タオル・館内利用料金がセットで付いた割引料金となっています。

日帰り入浴の魅力

日帰り入浴は、ショッピングや食事の後にリラックスするのに最適なオプションです。リーズナブルな料金設定は、家族連れにとって特に魅力的です。24時間営業で年中無休のため、都合に合わせていつでも利用できる点も大きなメリットです。

温泉棟内の食事処も24時間営業しており、温泉利用の前後に食事を楽しむことも可能です。特に、朝風呂の時間帯は比較的料金が低く、朝早くからの利用に最適です。

料金の詳細

時間帯によって料金が変動するので、訪問計画に合わせて最適な時間を選択できます。これは、利用者にとって大きなメリットとなります。深夜時間帯や朝風呂の料金設定は、特に経済的な選択肢を求める利用者に適しています。

3歳未満の子供が無料で入館できるのは、小さな家族連れにとってうれしいポイントです。セット料金には入浴料、浴衣、バスタオル、タオル、施設利用料金が含まれており、一度に必要なものが揃う便利さがあります。

豊洲千客万来の店舗は何がある?

2024年2月の開業を控えた豊洲千客万来には、様々な魅力的な店舗が出店予定です。ウニを専門に取り扱う「うに虎(仮称)」や、北鎌倉で人気の「うなぎ 明月川」、ミシュランガイドに掲載された「中華そば勝本」をはじめ、多彩な飲食店が集結しています。

これに加え、1階には「ローソン 豊洲市場千客万来店」も開店し、日々の利便性も充実しています。

グルメの宝庫

食の多様性が豊洲千客万来の魅力の一つです。ここでは、米をテーマにしたBar「米三角」や、本まぐろを使用した海鮮丼を提供する「江戸辻屋」、そして人気回転寿司店「鮨Yasuke」の新業態など、さまざまな食文化が楽しめます。

また、「丸武 PREMIUM」では老舗の味わいを、「ラーメン武一 豊洲千客万来店 ~京うどん古都桜~」では鶏白湯スープの濃厚鶏そばと京うどんを堪能できます。

さらに、定食屋「豊洲奈良屋」では、明治10年創業の老舗旅館「奈良屋」系列の店舗が、羽釜炊きのごはんと市場の食材を使った料理を提供し、夜はチョイ呑みも楽しめます。

オイスターバー「牡蠣や 粋」や、まぐろを特色とする「本まぐろそば 䱻(KOTSU) 本店」では、それぞれの食材の魅力を存分に堪能できるでしょう。

ショッピングと便利さ

「ローソン 豊洲市場千客万来店」をはじめ、多彩なショッピング体験も豊洲千客万来の特徴です。例えば、「ISHIDA-YA」ではもつ煮や牛すじなどの立ち飲み体験を、「BAR GINZA 江 豊洲」では銀座の人気バーの雰囲気を楽しめます。

さらに、「海鮮バイキング いろは」では寿司や各種ビュッフェを、「相馬水産 豊洲発祥」ではまぐろバーガーやまぐろ串を楽しめ、新しいグルメ体験を提供しています。

他にも、青果仲卸の「芋松」や珍味販売の「魚商 小田原六左衛門」、新鮮な魚介を中心とした「漁火(ISARIBI)」など、豊洲千客万来は様々なニーズに応える多様な店舗が揃っています。これらの店舗は、訪れるすべての人々に新しい発見と驚きの体験を提供することでしょう。

「豊洲千客万来」営業時間はいつからいつまで?

フロア 時間
物販・食物販 10:00〜18:00
飲食店1F 10:00〜18:00
飲食店2F 9:00〜22:00
飲食店2F 目利き横丁 9:00〜18:00
飲食店3F 10:00〜20:00
千客万来足湯庭園 10:00〜20:00

「豊洲千客万来」施設の営業時間は、フロアによって異なりますが、一般的には9:00または10:00からスタートし、18:00~22:00までに営業終了となっています。

2階の土産物店は10:00から18:00、目利き横丁は09:00から18:00までの営業となっており、一部店舗では営業時間が異なる場合もあるため、訪問前に各店舗のページで確認することをおすすめめします。

施設内では、総合案内や授乳室、AED(自動体外式除細動器)、多機能トイレ(オストメイト対応)、喫煙室などのサービスが提供されており、訪れる人々の様々なニーズに応える設備が整っています。

また、ペットを連れての訪問に関しても配慮がされており、補助犬は全館で同伴可能ですが、その他のペットは通行可能エリアが限定されており、飼い主の責任において適切な管理が求められます。

さらに、施設内にはコインロッカーや礼拝室、駐車場や駐輪場も完備されており、訪れる人々が快適に過ごせるような環境が整えられています。電気自動車を利用する訪問者のためには、充電スタンドも設置されており、利便性の高いサービスが提供されています。

商業施設としての位置

豊洲市場に隣接することで、新鮮な食材の提供が可能となっています。この立地は、訪れる人々にとって利便性の高いショッピングや食体験を提供します。

豊洲市場の歴史と連携した飲食店や店舗が集結し、江戸前の食文化を現代に伝える役割も果たしています。

また、この地域はウォーターフロントの魅力を活かし、非日常的な体験を提供するスポットとしての機能も担っています。豊洲市場との連携により、食材の質の高さと多様性は、訪れる人々にとって特別な魅力となります。

温浴施設の魅力

「東京豊洲 万葉倶楽部」では、箱根・湯河原の名湯を豊洲に運び、都心で温泉を楽しむことができます。ここでは、日頃の疲れを癒すリラクゼーションの時間を提供します。

露天風呂や大浴場など、多様な湯の楽しみが用意されており、訪問者にとって贅沢な時間を過ごすことができます。

特に、東京湾を望む露天風呂は、開放感溢れる空間であり、日常を忘れるひとときを提供します。

万葉倶楽部の入館者専用の展望足湯庭園は、豊洲の景観を360度パノラマで一望でき、訪れる人々にとって特別な体験となるでしょう。

「豊洲千客万来」の場所と行き方アクセス

豊洲千客万来への行き方は多様で便利です。ゆりかもめ「市場前駅」からはペデストリアンデッキを通って徒歩約4分で到着します。

また、東京BRT「豊洲市場前」からは徒歩約3分、都営バス「市場前駅前」からは徒歩約5分の距離にあります。これらの交通手段の利用は、豊洲千客万来への訪問をよりスムーズにします。

ゆりかもめを利用して

ゆりかもめ「市場前駅」からのアクセスは、特に観光客にとって便利です。市場観光や地域散策の際にも活用できます。市場前駅は豊洲千客万来に直結しており、雨の日でも快適に移動できる利点があります。

ゆりかもめを利用すると、東京湾を望む美しい景色を楽しみながら豊洲千客万来へと向かえます。市場前駅は、豊洲市場の活気と千客万来の新しい魅力を繋ぐ重要な交通ハブです。

バスやBRTでのアクセス

東京BRTや都営バスの利用は、地元住民や近隣エリアからの訪問者にとって特に便利です。バスやBRTを利用することで、豊洲市場前への直接アクセスが可能になり、スムーズな移動を実現します。

これらの公共交通機関は、地域の交通網と繋がり、豊洲千客万来へのアクセスを広範囲から支えています。特に東京BRTは迅速な移動を可能にし、都心からのアクセスを効率化しています。

豊洲千客万来の店舗料金や営業時間などまとめ

この記事のポイントまとめ

  • 豊洲千客万来は、食と温泉の融合が楽しめる新施設
  • 食楽棟では江戸の街並みを再現、多彩なグルメ店が集結
  • 温浴棟では箱根・湯河原の温泉を楽しめる万葉倶楽部が充実
  • 屋上の展望足湯庭園からは東京湾の景色を一望できる

豊洲千客万来の店舗料金は、場所が場所だけに高いお店も多いですが、そのぶん得られる価値も高いです。行き方も分かりやすく、最寄り駅「市場前駅」からのアクセスもすぐの観光地となっています。

豊洲千客万来は、飲食店からショッピング、リラクゼーション施設まで、多岐にわたる魅力を備えた場所です。

便利なアクセス、様々な店舗、そして多様な体験が可能なこの場所は、訪れる価値があります。私の経験からも、豊洲千客万来は東京の新しい見どころとしておすすめできるスポットです。

▼東京豊洲周辺を観光するなら宿泊がおすすめ!

▼豊洲千客万来を訪問する前に口コミレビューをチェック!

▼豊洲千客万来と一緒に麻布台ヒルズ観光もおすすめ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。