ジブリパークお土産一覧2024年最新!魔女の谷の新グッズ・新エリアは?

※本ページはプロモーションが含まれています

新エリアとして「魔女の谷」がオープンし、ますます盛り上がりを見せる「ジブリパーク」のお土産一覧を売り場別に紹介しています。

2024年最新の限定新グッズや、おすすめのお土産を紹介していますので、どれを買うべきか迷った時の参考にしてください。

2024年最新!「ジブリパーク」お土産売り場一覧!どこにある?種類は?

ジブリパークへの訪問は、まるで宮崎駿監督の映画の世界に迷い込んだかのような魅力に満ちています。特にお土産を探索する時間は、その冒険をさらに深める瞬間です。

ここでは、私が実際に体験し、心を動かされたジブリパーク内のお土産売り場と、そこで見つけた個性豊かなアイテムについてご紹介します。

魔女の谷・新エリア

ジブリパークに新しく登場した「魔女の谷」エリアには、訪れる人々を魅了する独特なお土産店「13人の魔女団」と「ハッター帽子店」の2つのショップがひっそりと存在しています。

「13人の魔女団」は、総合お土産ショップとしての役割を果たしつつ、そのラインナップは単なるお土産店の枠を超えています。お菓子からぬいぐるみ、キーチャーム、文房具、そして服飾雑貨に至るまで、選ぶのに迷うほど豊富な品揃え。

特に注目したいのは、ジブリパーク限定のアイテム。これらは、ファンならではの特別感を演出してくれます。

「ハッター帽子店」は、オリジナルキャンディが1階、魔女関連の書籍が2階と、フロアごとに異なる魅力が詰まっています。特に2階の書籍コーナーは、魔女に興味がある人ならずとも心惹かれるはず。ページをめくる手が止まらないほど、興味深い内容が満載です。

ジブリの大倉庫

ジブリの大倉庫は、まさにお土産の宝庫。ここには、ぬいぐるみやマスコット、そしてプラモデルまで、さまざまなグッズが並んでいます。

中でも、宮崎監督が選定したプラモデルは、戦車や戦闘機などの細部にまでこだわったもので、ファンならずとも心を奪われること間違いなしです。

青春の丘の地球屋

「耳をすませば」に登場する地球屋が青春の丘に完全再現されており、その中のお土産コーナーでは、限定デザインのポストカードが人気。この場所の完成度の高さには、訪れる人々が感動を隠せません。

地球屋限定の商品は数が少ないものの、その一つ一つに込められた物語と愛情は計り知れません。

もののけの里休憩処

もののけの里にある休憩処は、ジブリの世界観を存分に味わえる場所です。ここでは、ジブリ映画「もののけ姫」にちなんだ飲食物やグッズが楽しめます。自然豊かな環境の中で、映画の世界に浸りながら、特別な時間を過ごすことができるでしょう。

もののけの里自体が、深い森の中の神秘的な雰囲気を再現しており、休憩処もその一部として、訪れる人々にとって忘れがたい体験となるでしょう。

どんどこ森とその秘密の売り場

どんどこ森の山頂にある「どんどこ堂売店」は、「となりのトトロ」の世界観がそのままに設計されています。ここでは、お守り袋やキーホルダーなど、限定商品を手に入れることができます。特にキャラクターが描かれたお守り袋は、訪れた記念にぴったりのアイテムです。

また、無料エリアにある「どんどこ処」では、バードコールやどんどこあめなど、他では見つけられないユニークな商品が販売されています。バードコールは、職人さんが一つ一つ手作りしており、その限りある数と独特の鳴き声が魅力的です。

新エリア「魔女の谷」のお土産・ジブリパーク新グッズおすすめ

ジブリパーク「魔女の谷」エリアのオープンに合わせて、新たなお土産アイテムが続々と登場しています。今回は、その中から特に目を引いたアイテムをピックアップしてご紹介します。

個性豊かなデザインのグッズたちに、訪れる人々はきっと魅了されることでしょう。

リバティ社とのコラボレーションアイテム

「13人の魔女団」店で特に注目したいのは、リバティ社とのコラボレーションアイテムです。トートバッグ、シャツ、ポーチ、ハンカチといった品々が、ジブリ作品の世界観を繊細かつ美しく映し出しています。

『魔女の宅急便』や『ハウルの動く城』をはじめ、複数の作品がデザインに取り入れられており、ここでしか手に入らない限定アイテムとして大変価値があります。

使い勝手の良いアイテムたち

トートバッグはA4サイズがすっぽり入る便利なサイズ感で、ポーチはしっかりしたマチがあり、収納力に優れています。どちらも内側の裏地が異なるカラーで仕上げられており、見た目の美しさだけでなく実用性も兼ね備えています。

シャツはリバティ社特有の上質な綿ローン生地を使用し、オールシーズンでの着用が可能です。

アラビアとの共同開発グッズ

フィンランドの老舗ブランド「アラビア」との共同開発アイテムも見逃せません。マグやプレートは、ジブリ作品の美しいアートワークが施されており、実用的でありながらコレクションアイテムとしても魅力的です。

特に建物をモチーフにしたデザインは、ジブリ作品の世界観を日常に取り入れることができる素敵なアイテムです。

ジブリパーク「魔女の谷」エリアでは、これらのほかにも様々なグッズが用意されています。お土産を選ぶ楽しみも、ジブリ作品の世界を訪れた喜びをさらに深めてくれるはずです。

次にジブリパークを訪れた際には、ぜひ「魔女の谷」エリアのお土産ショップに立ち寄って、お気に入りのアイテムを探してみてください。

ジブリの大倉庫「冒険飛行団」のお土産・ジブリパーク限定グッズおすすめ

ジブリパークの中でも特に人気のスポット「冒険飛行団」で見つけた、心躍る限定グッズを紹介します。ここでは、映画のワンシーンを彷彿とさせるアイテムから、日常生活で使える実用的なグッズまで、様々なアイテムが揃っています。

建物テキスタイル エプロン (7,700円)

ジブリの大倉庫内の建物やオブジェが描かれたエプロンは、料理の時間を楽しくしてくれそうです。デザインが可愛らしく、ジブリファンならずとも魅力を感じるアイテムです。

カオナシ ニットキャップ (2,750円)

「千と千尋の神隠し」のカオナシをモチーフにしたニットキャップ。顔まで覆うデザインは、ジブリパーク内では顔が隠れるためNGですが、寒い日のアウトドアやイベントで注目を集めること間違いなしです。

マグカップ建物テキスタイル (2,200円)

ジブリパークの建物をモチーフにしたマグカップは、日常使いにぴったり。コーヒータイムがより一層楽しくなりそうなデザインです。

ジブリ飯 ミニ食品サンプル マグネット

ジブリ映画に登場する料理をモチーフにしたマグネット。冷蔵庫に貼るだけで、キッチンが一気にジブリの世界観に包まれます。人気の種類は早めに売り切れてしまうことが多いので、早めの購入がおすすめです。

オルゴールルイーゼとバロン (各7,480円)

「耳をすませば」や「猫の恩返し」のファンにはたまらない、バロンとルイーゼのオルゴール。インテリアとしても素敵で、メロディーを聴くたびに映画の世界に思いを馳せることができます。

これらのグッズは、ジブリの大倉庫「冒険飛行団」でのみ手に入る限定アイテムです。訪れた際は、ぜひこれらのお土産をチェックしてみてください。

ジブリの大倉庫南街のお土産・ジブリパーク限定グッズおすすめ

ジブリの大倉庫南街では、ジブリ作品の世界観を体験できるお土産や限定グッズがたくさんあります。ここでは、特におすすめのアイテムをいくつか紹介します。

模型屋「大空模型」でのおすすめ

大空模型では、ジブリ作品に登場するメカを再現したプラモデルが充実しています。特に「天空の城ラピュタ」や「紅の豚」に関連するアイテムは、ファンならずとも魅力的です。普通のプラモデルだけでなく、ジブリのものまで多彩なラインナップが特徴です。

駄菓子屋「猫かぶり姫」での特選

「猫かぶり姫」では、昔懐かしい駄菓子が並んでおり、中でも「極ふつうのレモネード」は「紅の豚」に登場するフィオが飲んでいたものと同じデザインで、ファンにはたまらない一品です。

本屋「熱風書店」で見つかる宝物

ジブリ作品に関連する書籍や宮崎駿監督が影響を受けたという文学作品など、約400種類の本が揃う「熱風書店」は、ジブリ作品をより深く理解したいファンにとっては見逃せない場所です。

消しゴムフィギュア

ジブリの大倉庫南街では、ジブリキャラクターをモチーフにした消しゴムフィギュアがガチャガチャで手に入ります。気軽に楽しめる価格設定なので、訪れた記念に何度かチャレンジしてみるのも良いでしょう。

これらのお土産や限定グッズは、ジブリの大倉庫南街でのみ手に入る特別なアイテムばかり。ジブリパークを訪れた際は、ぜひこれらのショップをチェックしてみてください。

どんどこ森のお土産・ジブリパーク限定グッズおすすめ

ジブリパークの「どんどこ森」エリアは、「となりのトトロ」の世界観を体感できる場所として人気です。このエリアで購入できる限定グッズやお土産は、ジブリファンなら絶対に手に入れたいアイテムばかりです。

どんどこ森の限定グッズ

「どんどこ森」の山頂にある「どんどこ堂」では、さまざまな限定グッズが販売されています。特に人気なのは、根付や絵馬風根付キーホルダー、そしてジブリ作品のキャラクターをモチーフにしたお守り袋です。

これらの商品は「どんどこ森」でしか手に入らないため、訪れた記念にぜひ購入したいアイテムです。

また、「どんどこ処」という無料エリアにあるお土産屋さんでも、どんどこあめや巾着入り豆菓子など、ジブリパークならではのお土産を購入することができます。

こちらのショップでは、ジブリパークの入場チケットがなくても購入可能なので、気軽に立ち寄ることができます。

「どんどこ森」の魅力

「どんどこ森」では、サツキとメイの家を見学することができ、映画の中で見たあのシーンを実際に体験することができます。台所の手押しポンプからは本当に水が出るなど、細部にわたるこだわりが感じられるエリアです。

また、山を登る途中に見つけることができるどんぐりなど、トトロの世界に入り込んだような体験ができるのも、「どんどこ森」の大きな魅力の一つです。

ジブリパークの「どんどこ森」エリアは、ジブリ作品のファンにとっては必見のスポットです。限定グッズを手に入れるのはもちろん、映画の世界を実際に歩いて体験できるのは、ジブリパークならではの醍醐味です。訪れた際には、ぜひ「どんどこ森」の全てを楽しんでください。

青春の丘のお土産・ジブリパーク限定グッズおすすめ

ジブリパークの「青春の丘」エリアは、「耳をすませば」や「猫の恩返し」の世界観を再現した場所で、訪問者を魅了しています。このエリアでのお土産や限定グッズには、ファンならではの特別なアイテムが豊富です。

地球屋の見どころと隠し裏技

「地球屋」では、バイオリン制作の工房が再現されており、実際に使用される木屑や道具が展示されています。また、地球屋内では写真撮影は禁止されていますが、豆知識や隠し裏技が満載で、映画とのリンクや細部へのこだわりが感じられます。

例えば、バロンの近くの電話番号や、特定のアイテムをスタッフに尋ねることで見せてもらえる特別な展示があります。

青春の丘での限定グッズ

青春の丘エリアでは、特に映画「耳をすませば」に関連したアイテムが人気です。バイオリン製作に関連したグッズや、映画のシーンを再現したポストカード、さらにはエメラルドの原石など、ファン心をくすぐるアイテムが充実しています。

これらのグッズは、映画の世界観を自宅に持ち帰ることができる、特別な記念品になり得ます。

ジブリパーク全体で販売されている限定グッズも多数あり、カシラのぬいぐるみや湯婆婆のかぶりもの、オリジナルピンバッジなど、映画に登場するキャラクターをモチーフにしたアイテムが人気です。

これらのグッズは、ジブリ作品のファンであれば、ぜひ手に入れたいアイテムばかりです。

ジブリパークを訪れた際には、これらの限定グッズやお土産をチェックして、映画の世界を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。

もののけの里休憩処のお土産・ジブリパーク限定グッズおすすめ

ジブリパークの「もののけの里」エリアは、「もののけ姫」の世界を体感できる場所として、訪れる人々を魅了しています。

このエリアにある休憩処(売店)では、映画にちなんだ限定グッズやお土産が販売されており、ファンにとっては見逃せないアイテムが揃っています。

「サン」の被り物と「アシタカ」のフードタオル

「もののけの里」で特に人気のアイテムに、「サン」の被り物があります。映画でサンが被っている狼の皮のようなデザインで、ファンならずとも一度は被ってみたい一品です。

また、「アシタカ」のフードタオルも販売されており、これらのアイテムを身につけることで、映画の世界観にさらに浸ることができます。

コダマの木鈴や干し肉など、もののけの里限定アイテム

また、映画に登場するコダマを模した木鈴や、映画の世界観を感じさせる干し肉(ジャーキー)など、もののけの里ならではの限定アイテムも多数あります。これらのアイテムは、ジブリパーク訪問の記念に、またはジブリファンへのプレゼントとしても最適です。

干し肉は、映画の中でアシタカやサンが食べていたような野性味あふれるお土産として、訪れた人々に喜ばれています。

ジブリパーク「もののけの里」では、これらの限定グッズの他にも、タタリ神や乙事主(おっことぬし)をモチーフにしたぬいぐるみ、御朱印帳、缶バッジ、フロッキーメモ帳など、多種多様な商品が揃っています。

これらのアイテムは、ジブリ作品の魅力を日常生活に取り入れたいファンにとって、貴重な記念品となることでしょう。

「もののけの里」エリアの休憩処で手に入れることができるこれらのアイテムは、ジブリの世界観を存分に感じることができる特別なグッズです。ジブリパークを訪れた際には、ぜひチェックしてみてください。

無料エリアのお土産・ジブリパーク限定グッズおすすめ

ジブリパークの無料エリアでは、チケットがなくても楽しめるスポットやお土産ショップがあります。特に「ロタンダ風ヶ丘」と「どんどこ処」では、ジブリパーク限定のグッズを購入することができます。

ロタンダ風ヶ丘のお土産限定グッズ

「ロタンダ風ヶ丘」では、公園内のオブジェをモチーフにしたベンチ柄のグッズや、エレベーター塔をデザインしたアイテム、さらには廃棄予定の食材を利用したエコな「FOOD TEXTILE」グッズなど、様々な限定商品があります。

これらの商品には、「ロタンダ風ヶ丘」のシールやタグがついているので、限定品であることを確認できます。特にベンチ柄のTシャツや、シュパットのコンパクトバッグ、手ぬぐいなどは、大人でも欲しくなるシンプルでおしゃれなデザインが特徴です。

どんどこ処のおすすめお土産グッズ

「どんどこ処」では、『となりのトトロ』のトトロやねこバスの被り物、『ハウルの動く城』のソフィの帽子など、映画のキャラクターになりきれるアイテムが人気です。また、『耳をすませば』の月島雫や西司朗の帽子など、普段使いできるアイテムもあります。

これらのグッズは、ジブリファンだけでなく、普段からジブリの世界観を身近に感じたい方にもおすすめです。

ジブリパークの無料エリアでは、ジブリの大倉庫エリアを通り抜けると、『千と千尋の神隠し』の世界観に迷い込めるスポットもあり、千尋と石人のツーショットを真似して写真に残すことができます。

このように、無料エリアだけでもジブリ映画の世界観を楽しむことができ、さらに限定グッズを購入することも可能です。

ジブリパークを訪れた際は、エリアチケットがなくても、これらの無料エリアでのショッピングや写真撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ジブリパークで混在回避してお土産を買う方法

ジブリパークでお土産を購入する際の混雑を避ける方法にはいくつかのアプローチがあります。以下のポイントを参考にすると、よりスムーズにお土産を手に入れることができるでしょう。

早朝やオープン直後に訪問する

ジブリパークの「冒険飛行団」は、開園30分後から混雑が始まることが多いです。特に午後はレジでの待ち時間が1時間を超えることもあるため、開店直後に訪れるのがおすすめです。

店内が人で溢れる前に、事前に欲しい商品を決めておき、見つけ次第迷わず購入すると良いでしょう。

コインロッカーやクローク、宅配サービスを利用する

大量のお土産を持ち歩くのは大変です。ジブリパーク内や愛・地球博記念公園(モリコロパーク)には、コインロッカーやクロークが設置されています。これらを利用することで、お土産を安全に保管しつつ、パーク内を軽やかに楽しむことが可能です。

また、ローソン愛・地球博記念公園店では、「ゆうパック」を利用してお土産を自宅に直送することもできますが、梱包材は自身で用意する必要があります。

入場制限や在庫状況を事前にチェック

特に人気のある時間帯や日には、「冒険飛行団」への入場制限がかかることがあります。また、人気商品はすぐに売り切れることもあるため、事前に欲しいものをリストアップしておくと効率的です。

ジブリパーク限定商品以外は、「どんぐり共和国」などのジブリグッズショップやオンラインで購入可能な場合があるため、そちらも利用を検討すると良いでしょう。

名古屋駅のどんぐり共和国を利用する

ジブリパークでお土産を買い忘れた場合や、混雑を完全に避けたい場合は、名古屋駅にある「どんぐり共和国」を訪れるのも一つの方法です。

ジブリパークと同じくジブリの公式グッズを取り扱っており、ジブリパークで購入できなかった商品をこちらで見つけることができるかもしれません。

これらのポイントを押さえることで、ジブリパークでのお土産購入時の混雑を避けることができ、より楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

ジブリパークのお土産・限定グッズはオンライン通販で購入できる?

ジブリパークのお土産や限定グッズに関しては、現時点でジブリパークの公式オンラインショップや第三者の通販サイトでの販売はしていません。

ジブリパーク内の特定のエリアやショップでのみ購入できる限定品が多いため、これらのアイテムは直接パークを訪れることでのみ手に入れることができるようです。

ジブリパークの訪問を計画している方は、パーク内のショップでのみ販売されている限定グッズをチェックすると良いでしょう。

オンラインでの購入方法に関する情報が今後変更される可能性もありますので、ジブリパークの公式ウェブサイトや公式SNSアカウントを定期的にチェックすることをお勧めします。

2024年最新!ジブリパークのお土産一覧・売り場別おすすめ限定グッズまとめ

ジブリパークでのお土産購入体験は、まさにファンにとって夢のような時間です。特に、「ジブリの大倉庫」内にある「冒険飛行団」は、最も物販が充実しており、ジブリ作品に関連する約1250種類のグッズから、パークオリジナルアイテムまで幅広く取り揃えています。

また、レトロな雰囲気の「南街」には、「熱風書店」「大空模型」「猫かぶり姫」といったユニークなショップが並び、各店舗が特色ある商品を提供しています

私自身がジブリパークを訪れた時、最も印象深かったのは、どのお土産も、ジブリ作品への深い敬愛と理解を感じさせるアイテムばかりだったことです。

特に「冒険飛行団」でのショッピングは、ジブリ作品の世界に更に深く浸ることができる、まさに魔法のような体験でした。店内の木目調のデザインや、自然がテーマの商品は、ジブリ作品の雰囲気を色濃く反映しており、ファンならずともその魅力に引き込まれます。

ジブリパークのお土産ショップでは、ジブリ作品の魅力を再発見できる特別なアイテムが満載です。お土産選びの際は、混雑を避けるコツを活用しつつ、心ゆくまでその世界を楽しんでください。

私の体験が、これからジブリパークを訪れるあなたの参考になれば幸いです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。